キリスト教冠婚葬祭

あとがき


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)

むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)

賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

あとがき   賀来 周一

冠婚葬祭については、さまざまの考え方や、とりしきり方があります。ここでは一応、聖書に基づいて考えればこうなるといった見地から書いて見ました。実際の場では、仲々そうもいかないといったこともありましょう。けれども、私たちにとって、冠婚葬祭の場は、信仰告白の場でもあります。どのような仕方で、信仰告白となりうるか、それをこの日本の風土と伝統の中にあてはめることの課題がここにあることを考えたいのです。さまざまのご意見をいただきたいと思っております。

参考文献

山内六郎著『キリスト教冠婚葬祭入門』(聖文舎)は、実際の場合について書かれたもの。比屋根安定他著「キリスト教式葬儀とその異教地盤」(日本基督教団出版部)は死と葬儀について聖書的に取り扱ったもの。同じく教団信仰職制委員会編『死と葬儀』はこの問題を広く歴史的神学的に扱った好著。分り易く読めるのは、「信徒の友」1975年11月号特集「死とその前後、死と葬儀をめぐって」。その他『百万人の福音』昭和48年二月号以降に特集記事「キリスト教慶弔学辞典」が連載されているが、倫理的な見地で書かれている。一般向きとしては塩月弥栄子『冠婚葬祭入門』(光文社、全四冊)はキリスト教式についても記載されている。最近、こうした類書は、たいていの場合キリスト教にふれて書かれている。

著者略歴

賀来 周一 昭和6年、福岡県直方市に生まる。直方教会にて故高島貞久牧師より小児洗礼および堅信式を受く。昭和33年日本ルーテル神学校卒、同年立教大学大学院卒、昭和39年~41年ハマ神学校留学。京都加茂川、東京(副牧師)、札幌武蔵野教会牧師を経て、現在ルーテル学院大学教授(牧会カウンセリング)。武蔵野時代には日本福音ルーテル教会総会議長を四年間務める。訳書として、ハイック著「キリスト教思想史」(聖文舎)、ニュービギン著「世俗化と真実の信仰」(聖文舎)。著書として『実用聖書名言集』(講談社)。

編集者あとがき   大柴 譲治

これは日本福音ルーテル教会東教区出版部から1976年5月1日に、ブックレット『信仰生活シリーズ4』として出版されたものです。賀来周一先生は、75年間にわたるむさしの教会の歴史の中の21年間を、当教会の牧師として仕えてくださいました。そのお働きを感謝しつつここにアップロードさせていただきます。
なお、このブックレットをテクストファイルに起こしてくださった当教会員の高橋光男兄の労を多としたいと思います。

soli deo gloria! (2000/03/15)

3-C. 葬儀の具体的な在り方


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)

むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)

賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

3-C. 葬儀の具体的な在り方

葬儀の具体的な在り方 葬儀にあたって、私たちはいくつかの注意事項に気を留めねばなりません。

第一、葬儀はあくまで式でなくて、礼拝です。したがって、私たちは死者のためというより死者もともに主を礼拝する存在として受け取る必要があります。キリストは、生者と死者の支配者でいましたもうのです。

第二、聖書によると、死はすでにキリストによって打ち勝たれているのですから、悲しみでなく、喜びです。けれども、人間的側面において、死は悲しみでしかありません。悲しみは悲しみとして受け取り、残された人たちの慰めとなるよう配慮がつくされないといけないのです。そして、その背後にある大きな喜びを常に見出すよう葬儀を取り行い、また参加する気持が必要です。

第三、葬儀は、ことにこの日本の風土の中では伝道的な意味をもっています。たんなる形式や習慣というより、どのようにすれば死者を媒介として主を証しすることができるかを考えることが大切ですし、それこそ、私たちにとっての大きな慰め、また励ましとなるのではないでしょうか。

ここで、私たちは少し手順について考えてみましょう。

(1)臨終 臨終がちかづいた時は、何よりも牧師さんに連絡をしましょう。おそらく病状を見て、聖餐式を執行することになります。枕辺にいる人たちも同じ聖餐にあずかります。召天直後には、短かい祈りが捧げられるのが普通です。

(2)遺体の処置 遺体の処置は病院側あるいは近親者によってなされるのが普通です。遺体の安置の方向や、逆さ屏風、守り刀のたぐいはいりません。ただちに葬儀店への連絡が必要となります。葬儀店に直ちに依頼すべきことは棺の手配と火葬のことです。そのあたりは葬儀店が心得ていますから任せておいて大丈夫です。こちら側ですべきことは、納棺、通夜、葬儀の日時、場所をきめねばなりません。こうした相談は遺体のそばで声高にしてはいけません。まして、臨終のさしせまっている人の枕もとで話すことは絶対に禁物です。召天者の枕元に信仰の記念となるもの、さしあたっての花などを置いたら、別室で事後のことについて静かに話す方がよいのです。葬儀店との相談には牧師さんも入れてやって下さるのが親切です。そうでないと、葬儀に不必要なものまで持ってこられることになります。時には、葬儀の費用のことまで出るかも知れません。しかし、牧師さんというのは、葬式だけすればよいというたぐいのものではありません。たいていは生前から関係があったはずです。そこまでいっしょに考えてもらえるならこれにこしたことはないはずです。葬儀の費用は、最近高くなって、最高では300万円位、最低でも7万5千円ぐらいします。一般の葬儀ではまあ30万~50万が普通といったところです(編集者註:1975年現在)。

(3)納棺式 遺体の処置が終れば納棺式をします。祈りの後、遺族、近親者で遺体の顔の周囲を花で埋めるのが通例のやり方です。その際、とくに故人が愛用していたものなどをいれることもあります。ただ、金属のたぐいは火葬の時、燃え残りますから葬儀店によっては、嫌うこともあります。

(4)前夜式 葬儀の前夜に行う礼拝です。遺族、近親、友人に集まつて貰いますが、時には近所の人たちが参加されることもあります。式だけを原則としますが、場合によっては食事を出すこともあります。状況にもよりますが、仏式のように大げさになることはありません。参列者もほどほどで切り上げたいものです。飲食よりも、召天者の信仰について語り合う機会として受け取ることが本来の意味となります。

(5)葬儀 自宅より出棺の場合、部屋を礼拝にふさわしく、しつらえ、生花をもって棺を飾りますが、できるだけ十字架などをもって、礼拝の中心を定め、写真や遺体そのものが中心となるのはさけます。自宅の場合、このように飾るのが難しいこともありますが、なるべく礼拝という本質にそった飾り方を心がけたいものです。線香は使いませんが、ローソクは使うこともあります。ただ、ローソクをもって棺をまつるといったことはありません。ローソクをつけるなら聖壇が必要となります。生花の名札も取る方が本来の目的にそいます。あえて必要なら別の場所に並べておくようにしたいものです。果物、菓子などの供物が来た場合は、壇上に並べず、下に置くようにします。献花については、ただ並べるだけとは限りません。会葬者が献花をすることによって、十字架の形ができたり、盛花を形作ったりするようスポンジなどで工夫することもできます。あるいは、直接遺体を献花で飾ることもできます。献花の数を予測するのはなかなか困難ですが、万一不足の時は、供花の近くにいる人が手折って会葬者に渡しても失礼にはなりません。葬儀は会葬者全員の参列を原則としますが、多人数が予想される時は、葬儀と告別献花の時間を分けて告知することもあります。

(6)火葬 火葬直前に短い式をします。火葬には段階がありますが、遺骨としては差はありません。火葬釜は中央ほど高く、個室を使うとまた高くなります。

(7)帰宅 遺骨はそのまま自宅へ戻って安置されますが、出棺時の時より簡素な飾りつけでよいのです。埋骨の時期は定まっていませんから、遺族の方々の都合によってきまります。記念会についても一定の時期はありませんが、1ヶ月目あるいは五十日目に記念会と埋葬を行い、以後毎年、召天日を記念会とする場合が多く、また、埋葬の時まで遺骨を教会で預かる場合もあります。

(8)遺骨で本葬を営む場合 いったん自宅で密葬し、本葬を教会でという場合があります。この場合、よほど大きな葬儀でないかぎり葬儀店の手を借りることはありません。この場合、やはり遺骨を中心にではなく、聖壇、また聖卓を中心に花などの飾りつけをすることになります。司会者は、遺骨に祈ったり、遺骨の前で司会をしたりすることはありません。聖壇また聖卓が、常に中心として見えるように、会葬者も、召天者も共に礼拝をするという気持があらわれるように葬儀の形をととのえたいものです。

(9)弔辞 弔辞は召天者の信仰の証であって、遺族への慰めとして語られるものです。普通、遺骨へ向かってなされることはありません。会衆席へ向かって語りかける調子でなされるのが、教会の弔辞のあり方です。

(10)献金、謝礼、香典返し 献金や謝礼はいくらぐらいするのですかとよく聞かれます。これは結婚式の場合も同じことです。しかし、献金や謝礼というのは、定額というものがありません。その人、その人の気持のあらわれとして、感謝や、記念の献金を教会に捧げます。また、お世話になったと思われる人、牧師さん、オルガニスト、聖歌隊、その他裏方で奉仕をしてくれた人たちへのお礼を、個人にあるいは、グループにします。金額はその時の気持に応じて、自由でよいのです。香典返しについても問題になりますが、最近では故人の遺志を生かして、教会の伝道のために捧げられたり、社会福祉施設、あるいは伝道者の養成のため神学校などのためにも献げられたりすることもあります。

3-B. 聖書的でない考え~霊魂不滅説と煉獄思想


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

3-B. 聖書的でない考え~霊魂不滅説と煉獄思想

私たちは、ときどきキリスト教の考え方かなと思われながら、じつは聖書的でない教えにぶっつかるときがあります。その代表的なものが霊魂不滅説です。霊魂不滅説と聖書の永遠の生命とはよく混同されるのですが、これは違う考えに基づいています。

聖書では、人の死はまったく自然の現象なのです。人が死ぬのはまったく自然なのですけれども、ただ神の側からの約束として永遠の生命にあずかることができる。それによって、死を超えて生きるのです。そのためにキリストが死んで、復活してくださったのです。それを私たちは復活信仰と呼んでいます。ですから、永遠の生命とは、あくまで神の賜物であって、私たちの内側にもともと保有しているものではないのです。

それに反して、霊魂不滅説とはプラトン的二元論であって、人の死は不自然であって、死んではならず、死に反して人が永遠に生きたいとする希望を霊魂の不滅という思想で満足させたものです。言わば人間の永生への希望を人間の側からの可能性として把えようとしたものだということができます。前者はキリストの十字架と復活を抜きにしては考えられませんし、後者はキリストとまったく無関係なのです。

もうひとつの考えの中に煉獄思想があります。煉獄とは、ローマ教会の教理で一般の信者が死後、赴く場所と考えられています。生前犯した罪の大小、軽重によって、そこにとどまる期間が異なるとされるのです。煉獄では、人々は肉体をもちませんから、行為によって罪を償うことができません。したがって、行為の代わりに苦痛をもって罪を償うのです。この苦痛を少しでも短くするため、とりなしの祈り、喜捨、ミサが捧げられます。さらには、ルターの宗教改革の発端となった償罪符まで売りに出されたことは、たいていの方がご存知でしょう。

ルターは煉獄思想を批判し、悔い改めのない所には真の償罪はないと主張しました。このような死後の世界が描かれる大きな原因は、死後にもなお、時間とか空間の概念をあてはめるからです。死んだ後には、時間とか、空間というものは関係がありません。ただ、救いの完成者でいますイエス・キリストだけがいましたもうのです。

3-A. 聖書に見る死の理解


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

3-A. 聖書に見る死の理解

キリスト教の葬儀の在り方といっても、種々雑多です。カソリックとプロテスタント教会のちがいは言うまでもなく、ルーテル教会と日本基督教団ではちがいますし、ルーテル教会の中ですら、牧師さんによっては、仕方がちがいます。そのようなちがいは、別に問題とはなりません。ただ、葬儀の本質的な、聖書的な理解に立つことが大切なのです。その意味で、私たちは、葬儀の具体的在り方に先立って、聖書は死をどのように見ているかを知る必要があります。

旧約聖書では、生きるということは神の生命の息によるのであって、死ぬことは神の約束を破ったからだとかかれています(創世記2:7-17)。したがって、創世記に見るノアの洪水やソドムとゴモラの物語に見ることができるように、死は神の約束を破ったことに対するさばきのしるしとして描かれています。

しかし、本来、旧約聖書は、死ぬことへの強調点はありません。むしろ生きるということに全体の調子が強く置かれています。アブラハムのように年老い、日満ちて死ぬということは、長寿の祝福として書かれています。とはいっても、長生きをすることだけが、神の最高の祝福というのでもないのです。生命にまさるのは、神の真実です(詩編63:2-3、伝道の書やヨブ記全体)。それは、生と死の問題に究極的なことを見出すのでなくて、生と死の支配者である神を見上げる信仰にこそ、究極的なことがあるとする旧約の信仰に基づいています。私たちは、死については、因果応報的な考えや、運命的な考えで受け止めがちです。けれども、死を超えた神の真実を信じる信仰ということは、今一度思い起さねばならない聖書の信仰なのです。

新約聖書もまた、死の理解を旧約から受け継いでいます。ルカ12:16-21は、人が死を前にしてどのように生きたかが問われています。あるいは、ルカ16:19-31にもまた同じことが言われています。死は、ここでは神のさばきなのです。そして、そのさばきは死後にまで及んでいます。

もし、新約に言う死の世界の表現は互いに矛盾している面もあって通りいっぺんの説明では不十分ですが、一応表面的に図式化すると、「第一の死」 → 「冥府」(1ペテロ3:19) → 「眠りの状態」(1コリント15:51) → 「第一の復活」(黙示録20:5-6) → 「罪人の第二の死」(黙示録2:11, 20:6-14)と「義人の復活」、といった具合に描かれます。このまま見ると新約聖書はずいぶん勝手に死んだあとのことを考えたものだなとの印象を持ちます。

ですけれども、私たちは、この図式が実は、イエス・キリストとのかかわりの中で記されていることに注意しなければなりません。イエス・キリストが十字架の上で死んで下さったことと、イエス・キリストが死から復活されたこととは、私たちの死と無縁ではないのです。人は必らず死ぬ存在だけれども、その死はすでにキリストが死んでくださった死であり、復活によって勝利された死なのです。人の死はこうして、キリストの死と復活によって、すでに打ち勝たれた死に外なりません。同時にまた人は生きている時からすでにキリストの十字架と復活にあずかっており、これから訪れる死の時も、すでにキリストによって勝利された死なのです。そのようにすでにキリストのものとされた死を見つめて、どのように死ぬかを考えることは、同時にどのように生きるかということへかえってくるのです。

死期間近いある一人の姉妹がつくづく語ったことがありました。「私は、歎異抄と聖書を今、読み比べています。歎異抄って、どのように死ぬかを教えるのですね。でも、聖書はいかに生きるかを教えます。私はやっぱり、生きることを選びます」。その言葉は今も耳に残っています。生きるということがキリストにあって生きる信仰を示しているからです。

ヨハネ11章のラザロの復活のこと、パウロのローマ14:8、1コリント15:50以下、2コリント4:11、ガラテヤ2:20、これらはすべて、この信仰を裏付けするものに外なりません。死についてはこのことが分っていればそれで十分なのです。

3. 葬儀~いったいどうしよう


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

3. 葬儀~いったいどうしよう

結婚式は予定がたてられても、葬儀だけは予定が立てられません。その意味では、私たちもいつどこで死ぬか分りません。家族の中で、自分だけクリスチャンという人は、とくにはっきりしておかないと、お寺さんで葬式をされることも起ります。死に対する備えはだれにとっても大切なことで、人によっては、葬式の聖句や、讃美歌まで選んでいる人もあるほどです。

と同時にまたキリスト教の葬儀はそれほど多くあるわけではありませんから、とまどうことがたくさんあります。お通夜は、納棺は、火葬の手続きは、線香やローソクはいるのかどうか、花の色は、どんな飾り方をするのか、葬儀は自宅か教会か、酒食を出すかどうか、北枕か、逆さ屏風にするのかどうか、ふつう慣れた人が手近かにいたとしても仏式に慣れた人が多いのですから、なかなか意見がまとまりません。それだけに、牧師さんへの連絡をおくらせてはなりません。牧師さんへの連絡は早ければ早い程よいのです。夜中であろうと、旅行中であろうとかまいません。よほどの事がないかぎり牧師さんは旅行中からでも帰ってくるのが鉄則です。できれば臨終の時の聖餐式から牧師さんによって取り行われることが教会の葬儀にふさわしいと言えます。どうしても間に合わない時は、電話ででも指示を受けるようにしておくとよいのです。

2-E. 結婚式が終ってから


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

2-E. 結婚式が終ってから

結婚した二人は、たとえ相手が教会と無縁であっても、教会と関係のある生活の導入が必要となります。これは、結婚したからすぐというわけにはいきません。結婚前から、教会の礼拝とまではいかなくとも、牧師さんまではよく紹介しておくことです。それによって、教会に対する理解もだんだん増してきます。日曜の朝、片方だけ教会に行くというのはあまりよくありません。相手が自分の知らない世界にいることになるからです。できるだけ機会を捕えて相手を連れて来ることです。たとえ、相手が教会に悪印象を持ったとしてもかまいません。一度は必らず一緒に来て下さい。そこから、二人の教会生活ははじまります。おそらく、「お前は教会に行っているくせに、なんだこのざまは・・」と言い合うあたりから、夫婦喧嘩がはじまるかも知れません。でも、相手が教会を一応知っており、牧師さんを知っているなら大丈夫です。やがて、二人での教会生活がはじまるでしょう。

2-D. 披露宴~結婚式の次に考える


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

 

そうは言っても、世間の相場ではと言わないでください。こういう所にこそ物の考え方、ことに信仰的な物の考え方をきちんとしておかねばなりません。披露宴が主で、式がつけたりのようになっては困ります。人が本当に結婚をするのだなという決断をするのは、結婚式の時です。そのことを考えて、披露宴を考えておきたいと思います。披露宴の仕方は千差万別です。会堂での質素なティーパーティーもあれば、ホテルでの豪華なフルコースもあります。こうしたことは、人おのおのの判断によることです。

実際の方法については、冠婚葬祭入門のたぐいの本を見れば詳しく書いてあります。和風、洋風、中華風に至るまで、そして予算的にもいろいろです。けれども、無理をして見栄を張る必要はまったくありません。その人、その人にふさわしい在り方があります。質素であっても人は、本当の気持の表われた席を求めます。自分たちの気持を本当に表わす仕方を考えるのも楽しいことです。ただ、ひとりよがりの仕方はつつしまなければなりません。他人の気持もよく汲み取りながら、自分たちの本当の喜びを分ち合って貰う、そんな披露宴でありたいと思います。

2-C. 礼拝としての結婚式


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

2-C. 礼拝としての結婚式

式当日の礼拝プログラムは、式文に従って取り行われますので、あらかじめよく読んでおき前日位までには、リハーサルを済ませておく方がよいと思います。当日、おろおろするのもみっともない話です(編集者註:当日の朝、リハーサルをする場合もあります)。

式の順序は、前奏、新婦入場、会衆讃美歌、詩篇朗読、グロリア・パトリ、聖書、讃美歌、説教、誓約、祝福、新郎新婦退場の順で行われます。こまかいことは、山内六郎先生のキリスト教冠婚葬祭入門や、直接、牧師さんに聞いて下さるとよいと思いますが、二・三気づいたことを述べておきましょう。オルガニストの奏楽については、一般にはメンデルスゾーンや、ワグナーの結婚行進曲が用いられますが、教会での式に用いるにふさわしくありません(註:用いる場合もあります)。きちんとした礼拝なのですから、結婚の喜びを表現するような礼拝にふさわしい曲を演奏してもらうことです。式の途中に、独唱や、器楽の演奏がはいることがあります。あるいは聖歌隊が歌うことがありますが、あまりはなばなしいのもどうかと思われます。礼拝にふさわしい曲ということは絶えず要求されます。世俗曲はさけたいものです。

式の出席者と披露の出席者を分けないのが原則です。会場の都合によって分けなければならないこともありますが、できるだけ式に出ていただくよう心がけたいものです。極端に言うと式を済ませれば披露はなくてもよいのです。最近の結婚式には披露の方を大事にする傾向がありますが間違っています。式はゆるがせにできないが、披露はどうでもよいということを考えておいてください。

式での服装はかならずしも、モーニングにウエディングドレスとはかぎりません。和装でもかまわないのです。男性が羽織袴、女性が文金高島田、白の打掛けというのも見事なものです。

式の中で新郎と新婦が前に進んだり、壇上にあがったりしますが、ひとつだけコツを教えておきましょう。どんな時でも新郎は新婦の右側になるよう心がけることと、新婦の足の運びに新郎が合わせることです。自分だけさっさと歩いてはいけません。

式には仲人さんを立てて立ち合って貰うのが普通ですが、親しい友人二人(男女)を選んで介添役をして貰うこともあります。また新婦入場に先立って、リングボーイ(結婚指輪を司会者まで運ぶ小さい男の子)、フラワーガール(花嫁さんの歩く白布の上に花をまく小さい女の子)をつける場合もあります。しかし、証人となるのは出席した全会衆であることを忘れないでください。

式の説教はたんなる祝詞ではありません。あくまで説教です。み言葉に基づく結婚の本質が二人を通して全会衆に語られます。たんなる祝いの言葉でなく、喜びをみ言葉によってみんなが分かち合うのです。ですから、結婚式は二人だけのためでなく、参列者全員のためのものでもあるのです。

2-B. 結婚までの準備~きちんと筋を立てる


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

2-B. 結婚までの準備~きちんと筋を立てる

双方が、その両親、親族に至るまで、教会的なありかたによく慣れていたり、自由な物の考え方ができる人たちですと、旧来の風習にそれほどとらわれることはありませんが、人によって、一応、世間なみとか、家の伝統だからということがでると、いろいろ面倒な手続きがはいってきます。結納、仲人、日取り云々と七面倒です。どうしても、それらをふまえないといけない場合があると思われます。その場合には、それに従ってされるのもよいことです。

本来は、家と家の結び付きを重んじるところから出て来た習慣ですけれども、今では、一種の社交儀礼としての機能しか果たさなくなっています。そのために、だんだんと手続が簡略化する傾向が見られます。正式には、仲人は、両家へ別々に結納を渡しに行ったのですが、今は一度に両家を目の前にして結納の受渡しをしたり、親子杯を略して、親族杯だけにしたり、それも略してレセプションの乾杯で済ませるといった具合になってきているのは何よりその証拠です。ですから、結婚は、家ではなく、個人の結びつきであることをはっきりさせたい場合には、その旨を二人できちんと言う方がよいのです。とかく、こうしたことは、きちんとしないことから問題が生じることが多いのです。分ってくれているはずだのにと言うのが一番いけないことです。

婚約、結納といったことに関して、教会ではこうするといった取りきめはありません。二人の仲もきまって、このまま黙っているものと思われる時には、教会で婚約式をします。婚約式の式次第は牧師さんが持っていますから、それを見せて貰ってください。婚約式には、たいてい、親しい友人数名、両親、兄弟くらいが出席します。終った後、お茶を飲む、または軽い食事をするのが普通です。たいていは、結納をかねていて、指輪とか聖書の交換をします。この時に結納金を渡すといったことはありません。結納金というのは、教会の場合、本来は不要のものです。

式までにしなければならないことはいろいろありますが、日時、場所、司会者、オルガニスト、招待者などは早目にきめておかねばなりません。とくに、日時については、教会の都合、牧師さんの日程と合わせます。牧師さんは日曜以外は何時でもよいだろうと思われて、先に日時がきめられるととても困ります。場所については、教会堂で行うのが原則で、レセプションを会堂でするか、他の場所でするかが次に問題となります。ただ、式の規模によっては、式もレセプションも同じ場所でということになります。そのさいには、キリスト教式で式が出来る場所をさがさねばなりません。しかし、豪華な式でなくとも、礼拝後、会堂でみんなでティーパーティーというのもしゃれています。式の進行に欠くことのできないのはオルガニストです。司会者を依頼すると同時に、オルガニストも依頼しなければなりません。奏楽、讃美歌の準備がかなり前から必要だからです。選曲の仕方によって、式そのものの雰囲気がきまりますから大切に考えます。あの人を呼んで、この人を呼ばないわけにはいかないといったことが起りますから、よくよく考えて、限られた予算内におさまるようにします。結婚式は、葬式とちがって予定をたてることができるのですから、準備をできるだけすることです。準備のよくできた結婚式は、結局本人たちにとっても気が楽になります。

2-A. 結婚式~その障害となるもの


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

2-A. 結婚式~その障害となるもの

キリスト者同志の場合には、それほど問題にならないことも、相手がノンクリスチャンの場合にはいろいろな障害が出て来ます。とくに、男性側がノンクリスチャンであって、いろいろとしきたりにうるさい家の場合、かなり立場は強くなったといっても、女性の側は困ります。このような時、私たちはやはり、結婚とは何かという原則的なことから、しかも聖書的なことから考えなければならないでしょう。聖書によれば結婚は、男と女の全人格的な結び付きです。ですから、 「君はスタイルがいいから好きだ」とか、「君は頭がいいから」とか、「月給が高い」 「可愛いいから」「ハンサムだから」といった理由で結び付くのは、本当の結び付きではありません。「君はクリスチャンだから」という理由だけで結婚が成立しないのと同じです。クリスチャンであるあなたの存在全体との結び付きが成立するところに本当の結婚が成立します。

ある一人の女性は、お見合の時に、自分が教会に行っていること、結婚をしても、教会をつづけたいことをはっきり言いました。相手からもし、自分と結婚を望むなら、教会にはいかないで欲しいと言われたため、その話を断ったということがありました。もし、その女性が、教会に行っていると言わなかったら、結婚が成立したかも知れません。しかし、それが果して幸福と言えるでしょうか。結局は、自分に不誠実であるばかりでなく、相手にも不誠実となるのではないでしょうか。自分がキリスト者であることを含めて自分の全存在を愛してくれる者との出会いが必ずあるものです。見合いであれ、恋愛であれ、自分がキリスト者であることを告白して、それでは駄目という相手なら止めてしまう方がよいのです。とくにこのことは女性の側に申し上げておきたいのです。なぜなら、相手はおそらく、あなたの外の美しさを愛していても、心を愛していないからです。もし、あなたの全体が好きであれば「私クリスチャンなのよ」と言えば、「なるほど、だからボクはキミがすきなんだ」と言うにちがいありません。そのように言う相手とめぐり合っていただきたいのです。もちろん、このことは男性側にも言えることにちがいありません。

2. 結婚式と葬儀


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


喜びごと悲しみごと

2. 結婚式と葬儀   賀来 周一

冠婚葬祭についての原則的な私たちの受け取り方を述べてきました。これからは、私たちがどうしても、これだけは必らず経験する婚と葬について少し具体的に考えて見たいと思います。おそらく、冠や祭の方は、私たちの側で適当に判断することもできますし、特にしなければならないことでもないのですから、それほど重大な支障があるとは思われません。けれども婚や葬は、どうしても私たちがしなければならない通過儀礼である上、宗教性を濃くもった伝統的しきたりでもあるため、いろいろな差し障りが出て来ます。そのようなことを考えながら、教会での結婚式、葬式について考えて見ましょう。

このさい、どうしても、知っておかねばならないことは、両方とも、礼拝であるということです。たんなる儀式や、キリスト教的慣習であってはならないのです。もし、たんなる儀式、慣習のたぐいに理解してしまうと、いろいろな要素が沢山はいってしまいます。家柄とか、個人の考えとか、親族の意向とかが優先してしまうと本来の聖書のみ言に立つ男女の結びつき、また人の死に対する信仰理解がなくなる上、来会者に対してなるほど聖書はこう言うのかということが伝わりません。きっと人はキリスト教ではこうするのかといった慣習的なことだけが残るでしょう。「キリスト教の結婚式はいいですね」とか、「キリスト教のお葬式は胸を打ちますね」といった印象を式後よく耳にします。そのような言葉をよき聞く式は、義理や、人情や形だけで固められた式ではなくて、本当に結婚の喜びがひしひしと共感できるような式であり、悲しみを通して、本当に人の死が自分のこととして受け取られる式です。私たちは原則として一度しか結婚しないのですし、葬式はいずれにせよ一回かぎりなのですから、真実の愛、真実の悲しみが表われる式でありたいと願います。それは、私たちにとっては、み言葉を通してのみ語られ得るものです。喜びが天の喜びとなり、悲しみが主のみ心にそうた悲しみとなるためには、礼拝となるのが当然です。そして礼拝となることによって伝道を直接の目的とすることはなくても、日本という風土の中では、ごく自然に結婚式、葬式は伝道の機会となるものです。

とはいっても、式はあくまで個人にかかわることなのですから、その人自身の固有のものがそこに出るのもうなづけます。本人の希望や、遺族の希望が、礼拝という原則をこわさないように取り入れられねばなりません。礼拝は客観的なものだからといって、個人の気持が無視されてしまっては、他人事のようになってしまいます。ある牧師さんは、葬式の時、礼拝であるということを強調しすぎたため、説教がまったく個人のことにふれないで聖書ではこう言うということだけの講解説教になっしまいました。参列した人たちは、死んだ人のことっが忘れられたのではないかとの印象をもったと言います。逆に個人の賞讃に終ってしまっては、聖書とかかわる死の理解を通しての本当の慰めを失ってしまいます。礼拝という原則を立てながら、個人としての喜びの表現や、個人としての悲しみへの慰めの場が設けられる必要があります。

1-C. 世間とのかねあいとキリスト者の旗印


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


1-C. 世間とのかねあいとキリスト者の旗印

実のところ、このことがいちばん難かしいので、こっちはキリスト教なんだから、きっぱり割り切ってしまおうと思っても、いざとなるとやれ世間体、親族家族の感情、会社の同僚、地域の慣習とあって、仲々割り切れないものであう。人づき合いが悪いと思われたくないし、家族や同僚と気まずい関係になりたくないといった思いが先に立ってしまいます。

非常にはっきりとしたこと、たとえば、初詣に行って、拝殿におサイ銭をあげるとか、お酉さんに行って熊手を買ってかえるといったことは比較的容易に、それは私たちとはちがうことだと割り切ることはたやすいことです。まさか成田さんに行って、交通安全のお札を自分の車にはりつけるキリスト者はいないでしょう。ところが、私たちは、自分ひとりでいきているわけではありません。しかも日本という国にすんでいて、すでにいろいろな慣習行事がとりしきられている世間に生きているのですから、思わぬところで、世間のしきたりとぶっつかるのです。ワレ関せずと知らぬ顔の半兵衛をきめこむことはできません。いやでも、応でも、かかわらないわけにはいかないのです。

このような場合、二つのケースに分けて考えるとよいと思います。第一のケースは、私たちがいやでも応でもとにかく、そうしなければならないといった場合です。例えば、たまたま、新しい会社のビルを建てることになったが、地鎮祭は神式にきまっていて、どうしても出席しないわけにはいかないとか、親族の家で四十九日の法要があるといったたぐいのことです。私たちは、そんな時に、何となく、引っ込み気味の気持で出席することが多いものです。クリスチャンなのだから、こんな所にいてはいけないのじゃないだろうか、断わると後で困るし、仮病でも使って休めばよかったとか、何となく自分だけ気まずい思いでいることが往々にしてあります。それほどでなくても、仕方がないとか、止むを得ないとかいった気持が働くのではないでしょうか。

それでは、キリスト者であることがかえって無意味になります。私たちがつかわされている世界は、キリスト教的世界ではないのです。キリストとは何の縁もゆかりもない世界です。信仰的なものの考え方や、物事のとりしきり方があろうはずはありません。私たちがつかわされている世界は信仰に基づきません。その意味で私たちが、キリストと縁もゆかりもない世間のしきたりにさまざまの形でぶっつかるのは当たり前と言えます。

地鎮祭や法要は、私たちにとってもそうあるのが当たり前なのです。何しろ私たちがそんな世間に向かって、つかわされているのですから。ですから、私たちがキリスト者であるとは、そんな世間のしきたりに、いやでも応でもかかわるとき、止むを得ないとか、仕方がないといった気持でいては自分の存在を無駄使いさせることになります。むしろ、その場に、つかわされたキリスト者であることを考える方が信仰的です。

このことを考えるに当たって、パウロの言葉は、私たちに信仰的な在り方を教えてくれます。パウロはコリントの教会に向かって、「ユダヤ人にはユダヤ人のようになった。ユダユ人を得るためである。律法の下にある人には、私自身律法の下にはないが、律法の下にある者のようになった。律法の下にある人を得るためである。弱い人には、弱い者になった。弱い人を得るためである。すべての人に対しては、すべての人のようになった。なんとかして、幾人かを救うためである」(1コリント9:20以下)と言っています。だれが、これをパウロの便宜主義、妥協主義と言うでしょうか。パウロは自分がちかわされている世界をよく知っていて、ユダヤ人にはユダヤ人のようになったと言っているのです。と同時にパウロは自分自身がキリストを信じる信仰の持ち主であることもよく知っています。ですから、律法の下に自分はいないがとただし書きをつけているのです。パウロはこうして、自分がキリスト者であることの旗印を鮮明にし、かつキリストと関係のまったくない世界につかわされていることを知っているのです。このことは私たちにとっていろいろな所で考えられねばならないことです。たとえば、法事や、地鎮祭のような他宗教の行事であっても、キリスト者だからといって遠慮しないで、むしろ積極的に出て、もし機会があれば、聖書に基づいた、しかもそこに列席している人も本当にうなずけるような慰めの言葉や、お祝いの言葉を語ることもできましょう。こういう所では、通りいっぺんの挨拶が多いものです。キリスト者として語ることが、たとえ、信仰者であるとわざわざ言わなくても、思わず胸を打つ言葉になっていることは多いものです。また他宗教の行事と言えば、仏式の葬儀に出る機会も多いものです。時どき焼香はするのですかという質問を受けます。聖書によれば、香をたいて祈ることも記されていますが(ルカ1:9)、仏式の焼香は魔をはらうという意味をもっています。どうしても止むを得ない場合は別として、キリスト者としては原則的には、焼香をせず、遺族の慰めを祈るようにした方がよいと思います。(編集者註:もちろん、これとは異なる立場もありうるでしょう。)

もう一つのケースの場合を考えて見ましょう。今まで述べたことは、大きな集団とか、社会全体の慣例となってしまっている場合でしたが、それとちがって、個人の判断の在り方によっていろいろな都合、不都合が生じることがあります。

たとえば結婚話がでたけれども、キリスト者であることが破談の原因になるとか、亡夫の供養の話がでたが、一族郎党すべて教会と縁がなく、教会で記念会をすると爪はじきにされそうだとか、赤ん坊が生まれたがどうしてもお宮まいりに行かねばならないということがあります。このような場合、私たちは先づ何よりもよりよく理解をして貰う努力を怠ってはならないのです。理解をして貰うための最低の基本線は、自分自身が教会に行っていることを日頃から知って貰うことです。家族が本人の教会行きを知らないでいると、本人が死んだとき、牧師さんに連絡もなく、仏式で済ませるといったことも起ります。現に、そんなことが起っています。理解をして貰うための努力、これを先ず最初にすることが大切です。それをしないでおいて、教会で結婚式をすると言えばきっと反対するだろうとか、供養は仏式でないと親族が満足しないだろうとか、先取りをして考えるのは禁物です。けれでも、私たちは案外、こちら側で相手がノンクリスチャンだから、言うことを聞いて貰えないだろうと、思いこんでいる場合が往々にしてあります。話はして見るものです。余程のことでないかぎり、それではそうしようと言ってくれるものです。そのことが、信仰の旗印をきちんとかかげることになります。

ここに二人の女性の結婚に関する例をあげて見ましょう。

ある一人の女性は、たまたま結婚話がでて、相手と交際を始めたのですが、どうしても、自分が教会に行っているのを切り出せません。もし、自分がクリスチャンだと分れば、きっと結婚できないだろうと自分の方で思い込んでしまいました。そのまま、牧師さんや、教会の人たちにも黙っていたため、教会で結婚式をといった話はつい一度も出ないまま、神前結婚といった世間なみのしきたりになってしまいました。牧師さんも、教会の人にも知らせなかったため、ご本人も何となく、気まずくなって、教会にはそれ以来バッタリといった方がありました。

ことは結婚式にかぎりません。思い込みというのはたいへん禁物です。こちらがクリスチャンと言えば、相手がきっと奇異に感じるだろうとか、反対されるにきまっていると思い込む人が以外に多いのにおどろきます。たとえ、仏事であっても、年中行事のたぐいであっても、キリスト者としてこうしたいという希望がある時には、思い切って、キリスト者であることをあきらかにしておきたいと思います。キリスト者としてではない「しきたり」が当り前になっている社会に生きているのですから、黙って放って置けば、そのままになってしまうのは当然です。先ず何よりも、自分がキリスト者であることを告白する、それは勇気と決断のいることなのですけれども、そうすることが私たちのつとめでもあるのです。そして、道は意外に開けます。はっきりと告白することによって、相手もまた、その立場を知るのですから、その積りで扱ってくれるものです。もちろん、すべてが思うようになるとは限らないにしても、今後のことを考えれば、ぜひはっきりさせておきたいものです。たいていの場合は、結婚式にしても、葬儀にしても、キリスト教に反対だからという人は少いものです。むしろ、何も知らないことが、キリスト教では、といった反対の原因となっていることが多いのですから、問題が起ったときは、教会の役員の人、又は牧師さんにぜひ相談にのって貰って、場合によっては、たとえ、遠方でも行って貰うぐらいの気構えが欲しいと思います。だれでも喜んで協力するでしょう。

もう一人の女性は、ある大きな旧家の一人息子と結婚することになりましたが、相手が旧家だけあって、なかなか伝統的なしきたりにうるさいのです。やれ、親族の顔を立てるとか、地域の顔役なので、土地の風俗に従わねばならないとか、いろいろ面倒なことが起ってきました。相手の男性は、もちろん彼女がキリスト者であることを知っていますし、彼もそんな面倒なことは嫌いで、彼女の望むようにさせたいのですが、周囲の状況はそれを許しません。まさか、駆落というわけにはいきませんので、二人の気持は望まないけれどもということを、はっきり家族や両親に告げて、神前結婚という運びになりました。けれども、その後、二人は教会に来て、もう一度、結婚式をやり直したといったことがありました。どうしても、自分の望むようにはならないといった場合はあると思われます。しかし、自分がキリスト者であると告白して、どうにもならない場合と、キリスト者であることをかくしていてどうにもならなく場合とはまったくちがいます。たとえ、どうにもならない場合でも、キリスト者であることをはっきり告白しておくことは、今後のためによい結果を生みます。本人の信仰や、教会生活についてはもちろん、家族や親族も次第に分ってくるものです。そのためには、よい理解者がたえず必要です。結婚の場合、とくにそれは相手に求められます。相手が男であれ、女であれ、そのような立場におかれた場合には、相手のキリスト者である立場をよく理解する人でなければならないのです。その他の場合であっても、事が面倒であればある程、自分の立場をよく理解してくれる人物を必要とします。ひとりでくよくよするのが何よりいけないのです。

結婚に関する例を引いて、私たちが、しきたりの中で、自分の側の決断によって、事態に対処することを述べましたが、葬儀、供養、家の慣例、地域の習俗に関しても、同じようなことが起るのではないでしょうか。ここに述べた原則的なことをぜひお考えいただきたいと思います。

第一、自分がキリスト者であることを明白に告白すること。
第二、今後の自分の信仰、とくに教会生活、教会とのつながりがうまくいくことを考えて事に当たる。
第三、自分の立場に対して、よい理解者を得る。

聖書は安易な妥協はゆるしませんが、信仰にある苦闘は主の賜物と言います(ピリピ1:29)。おそらくは、多くの方が信仰的でないあるいは信仰的となり得ない「しきたり」とぶつかって苦しんでおいでかと思います。しかし、その苦しみが、自分の側の思い過ごしや、思い込みによるのでなく、信仰のゆえの苦しみであるなら、受けて立つ苦しみではないでしょうか。パウロはまた「ほめられても、そしられても、悪評を受けても、好評を博しても、神の僕として自分をあらわしている」(2コリント6:8)と言います。神の僕であるとは、ほめられる、好評を受けることだけでないのです。そしられる、悪評を受けることもあります。何もそれは世間からといった場合だけのことではありません。場合によってはキリスト者の側から、そう言われることだってあるかも知れません。しかし、あらゆる場合に、神の僕として自分をあらわしている(6:4)信仰、それを保ちたいものです。

1-B. 礼拝の場となるもの、ならないもの


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


1-B. 礼拝の場となるもの、ならないもの

冠婚葬祭の中には、大きくわけてたんなる行事で済ませることができるものと、私たちの立場から考えて、礼拝の場となるものに分けることができます。おそらく、冠婚葬祭の中で、冠と祭は行事として考えることができるでしょう。それに対して婚と葬は、どんな人であっても、そこを通過しなければ、社会的に受け入れられない面をもっている以上に、いちばん基本となる考え方のところで、聖書とふれ合うものをもっています。婚には、男と女の理解のこと、あるいは、人間そのものについて、あるいは家庭について、聖書の理解に立たなければ、キリスト者としての婚とはなり得ない面をもっています。葬についても、同じことが言えるでしょう。葬には、死の理解や、死後の考え方をきちんとしなければなりませんし、死に伴っての悲しみ、苦しみについての受け取り方も、聖書的であることが求められます。

こうして、婚や葬では、私たちのキリスト者としての信仰そのものが問われる場ともなります。たんなる行事慣習のたぐいであれば、とりきめ方をきちんとすればということでおさまる面もありますが、信仰が基本的に問われ、かつ、信仰の告白となることを考えれば、婚や葬は、礼拝の場とならねばなりません。

礼拝の場としての婚や葬、この受け取り方はたいへん大切です。礼拝であると考えておけば、それを原則として、いろいろなしきたりや、飾りもののたぐいにいたるまで自然に定まってきます。そしてまた、ことに、日本という風土の中では、教会の礼拝が伝道的な性格を強く持っているのと同じに、婚や葬も伝道的な側面を自然に帯びるようになるでしょう。最近、世界ルーテル連盟マスメディア研究所で行った受洗者動機調査の中にも、キリスト教に最初にふれた機会として、教会での結婚式や葬式というのがかなりありました。このことを考えると、婚や葬を、たんなる行事、慣習の中で受け止めるべきであないのです。きちんとした礼拝であることを考えながら、全体をとり仕切る必要があります。それによって参列した人々は、婚や葬に対する正しい聖書の説き明かしを聞き、当事者の信仰の告白を聞くこととなるのです。

最近、塩月弥栄子さんの冠婚葬祭入門がでれ以来、いろいろな冠婚葬祭に関する本がでるようになりました。そして、ほとんどの本にはキリスト教ではこうしますと書いてあります。しかも、カトリックではこう、プロテスタントではこうとよくまあ調べたものだと感心するばかりです。キリスト教式ということを書かなければならないほど、キリスト教の勢力も伸びたのかなと喜んでいるのですが、喜んでばかりいるわけにはいきません。たいていの場合、キリスト教では、こうすると書いてあっても、そうしなければならないというものは、何ひとつありません。たとえば、キリスト教の葬式ではつきもののような献花についても、どうしてもすなければならないといったものではありません。もし、私たちが、慣習や、行事のたぐいとしてキリスト教の冠婚葬祭のことを取り上げると、その結果としては、私はこうするとか、この教会ではこうするといった取り仕切り方についての意見があれこれ出ることになります。それでは、何か新しいキリスト教式と言われる慣習行事を導入することになってしまって、かえって世間に混乱を引き起こすことになってしまいます。

私たちにとって、必要なことは、新しい慣習行事のたぐいではなくて「礼拝」です。礼拝を通して、本当の意味の喜びや慰めや、愛することや、死ぬことを知るのではないでしょうか、そして、そこにこそ、真の信仰の告白も生まれると信じるのです。実際、はじめて、教会の結婚式や、葬式に出た人たちが、「教会での結婚式はいいですね」とか、「私は死んだら教会で葬式をして貰おう。教会での葬式は、本当に死の悲しみがよく分る」とおっしゃるのをよく聞きます。そこには、すでに教会が婚や葬をしきたりということを超えて、礼拝となっているひとつのしるしを見る思いがするのです。結婚式や葬式は、「式」でなくて、「礼拝」であることを考えておきたいと思います。

もちろん、結婚や、葬儀以外に、礼拝となるものもあるでしょう。たとえば、婚約式や、故人の追悼記念、七五三にちなんだ小児祝福式、定礎、上棟など、礼拝としての場を持つことのできるものもあります。その場合にも、やはり、事柄が、いったい何であるかをはっきりして、礼拝のかたちをととのえねばならないのです。けれども、本来の結婚式や、葬儀の場合とは異なって、大切であっても、それがなければならないというのではありませんから、それなりに、自由な裁量がはいってくる余地が多分にあります。

けれども、まったく、礼拝とは無関係に、たんなる習俗、行事といったものもあります。た問えば、岩田帯、赤ちゃんのお七夜、食い初め、初節句、成人式、還暦、古希喜寿、米寿、白寿、などの個人にかかわる行事、そしておそらくは、祭の部にぞくするであろう正月行事や、お雛さま、七夕、仲秋の名月に、年越そばなどの年中行事がそうです。こうしたことは、守らなければならないといった世間的なきまりもありませんし、信仰的なこととも関係がなく、私たちが日本人として当然そうあるものなのですから、それほど気になることではありません。ところが、なかには、いわゆる迷信、俗信とかかわっているものもあります。これらに対しては、もちろん、私たちはきっぱりした態度をとるべきですし、言うまでもなく否定されるべきでしょう。たとえば、運勢暦、おミクジなど占いごとのたぐい、厄払いや、理由のない忌みごとたとえば三隣亡や友引、仏滅のたぐいは、それにあたるでしょう。気にしる人にとっては、一生の大事なことのように思われても、キリスト者であるものにとっては、神さまの摂理がすべてですから、これらのことは自ずと無意味になってしまいます。

1-A. はじめに~キリスト教冠婚葬祭とは


(東教区出版部発行ブックレット『喜びごと悲しみごと』1976年 5月 1日より)
むさしの教会元牧師で、ルーテル学院大学元教授(牧会カウンセリング)
賀来周一牧師によるやさしいキリスト教冠婚葬祭入門です。


1-A. はじめに~キリスト教冠婚葬祭とは

加冠、婚礼、葬儀、祭祀、略して冠婚葬祭といわれる慣習は、私たちが社会生活を営むときの通過儀礼で、どのような人でもこれにふれないで生きることはできません。ふつう、加冠といわれるのは、子供の誕生から長寿の祝いごとのたぐい、地鎮祭や上棟のようなもので、婚礼葬儀はよくご存知のとおりですが、祭になると正月の守り事や、二十四節気、七夕、お盆に、夏祭、秋の彼岸に大晦日といろいろな慣習が私たちの生活の中にはいってきます。日本という國は、いわば文化のたまり場所のようなものですから、神道から仏教、はては西欧的な習慣に至るまではいりこんできて、たいへん賑やかです。加えて、地方ごとで独自に発展した慣習、行事もありますし、家の伝統のようなもの、はては個人の考え方まで反映して、冠婚葬祭をますます、複雑多岐としているようです。

キリスト者として、こうしたしきたりにぶつかるとき、時には困ることがあります。困る以上に、かえってそれによって信仰がためされるようなことも起るでしょう。きっと、私たちの中にも、これは困った、どうしたらよいかと思われることがあるにちがいありません。もしも、こうしたことの一助にもなればと思い、このパンフレットを書きました。ご一読いただいて、なるほど、こういうぐあいにかんがえればよいのだなということがあれば幸いです。