2014 秋の特別集会 『赤毛のアン』に描かれた聖書のことば

【アンが愛した聖書のことば】
『赤毛のアン』を大人読み 永遠の輝きをご一緒にさがしてみませんか

 
●日時:2014年9月27日(土)
●開演:14:00〜 後半:宮さんと来会者Q&Aなど自由な茶話会
●講師:宮 葉子氏 文筆家
「向島こひつじ書房」大人のための子どもの本の読書会/ワーク
ショップ主宰
●主催/場所:日本福音ルーテルむさしの教会
●入場無料

想像力豊かでおしゃべりが大好きなアン。彼女の成長をいきいきと描いた『赤毛のアン』には
ウィリアム・シェイクスピアやイギリス、アメリカの詩、『聖書』の句が多数引用されていることを知っていますか。『赤毛のアン』が日本で翻訳・出版され60余年。その間、多くの子どもと大人を魅了し続けてきました。

今春から翻訳者・村岡花子さんがヒロインのNHK朝の連続ドラマ「花子とアン」が始まり、今迄とはひと味違った視点からも“花子さん”と“アン”への関心が高まっています。
ひと時代を経てもなお読み継がれている本の“色褪せない魅力”…作品の背景や社会状況、著者研究などを含め読み方を広げてみると、原作が持つ奥深さや意外な発見に出会えることでしょう。 そんな宝探しのような「大人読み」にご一緒しませんか。

夏の暑さが和らぐ午後のひととき、子どもの本を大人が読む読書会主宰『アンが愛した聖書のことば』の著者、宮 葉子さんをお迎えしてアンや花子さん、原作者モンゴメリ、ご自身の証についてお話していただきます。
後半は宮さんとご来会者のQ&Aなど自由な茶話会を予定しています。

みなさまどうぞ楽しみにお越しください。

●プロフィール : 宮 葉子 Yoko Miya
(著書プロフィールより)
文筆家・牧師の奥さん。
東京・国立生まれ。立教大学卒業。
会社員、出版社勤務を経て、フリーのライターに。
「向島こひつじ書房」の名で、大人のための読書会や、
子どもの本のワークショップなどを行う。
東京・墨田区にある墨田聖書教会の石川良男牧師と結婚後、
聖契神学校で学び、’08年より女性の心の再建を支援する
「pray&hopeプロジェクト」を主宰。
著書『「料理研究家」たち』(日本放送出版協会)
『料理を作る仕事につきたい』(同文書院)
『こころのごはん』(いのちのことば社)
「アンが愛した聖書のこどば」(いのちのことば社)
「牧師館のお茶会」
http://annestea.exblog.jp/
「大人のための子どもの本の読書会」
http://booksheepbook.hatenablog.com/


Anne-Flyer-omote
anne2014-09-27-uraR